【CORVO】Alimennto Spirituale ~精神の糧~

応援してほしいこと

気仙沼の豊かな食材と伝統的なイタリア料理の技法を用いた唯一無二の気仙沼×イタリア料理を提供する事により、美味しいものを食べ感動することで得られる人生の豊かさを多くの方々に実感し、元気になってもらいたいという思いから、日々食材と向き合い研鑽を重ねています。
CORVOの料理を通してイタリアの食や文化、歴史と共に気仙沼の豊かで素晴らしい食と食文化に触れることで、より豊かな人生を実感して頂ける一助となれれば幸いです。
私は地方の豊かさが日本を元気にすると考えています。CORVOを通して気仙沼の良さを知り、自身の生まれ育った地域や国の歴史や文化の素晴らしさを再発見してほしいです。そしてなにより、CORVOに来て頂いた方々、そして気仙沼を元気付けたいとの強い想いを持っています。

これからの10年

震災から10年経ちましたが、まだまだ復興は道半ばといった感じです。
また、日本全国の地方の持つ過疎や高齢化等の共通課題もあり、教育・医療等の格差も厳しい状況が続いています。
しかし気仙沼には海があります。国内でも有数の港町として栄え、知名度も高く魚介類の美味しさは折り紙付きです。海が素晴らしい資源・産業を育んできたのです。
これからの気仙沼を支え発展させていく人々の日々の活力の糧となれる料理を提供し続け、いつかは気仙沼にはCORVOがあるということを誇りに思ってもらえるようなみんなに愛される店になり、気仙沼を元気にし続けたい。そして、この素晴らしい気仙沼の食材を活かしたイタリア料理を提供し、気仙沼の食文化の発展の一助となれればと思います。
さらに、先を見据えると、文化レベルを含めた気仙沼の価値を上げて、住民の方々が自分たちの町を誇れる地域にしたいとの想いもあります。

これまでの10年

震災以前は、当店のシェフ(妻)の出身地の長野県でイタリア料理店を営んでいました。震災で私の実家が被災した事を機に、当時気仙沼で一人暮らしであった母の助けになれることがないかと、震災の年の10月に妻と娘と私の家族3人で3年程度の予定で気仙沼に一時的に帰ってきました。
実家の母の仕事を手伝いながら、炊き出し等ボランティア活動に参加させてもらうことを通じて、次第に多くの方々との絆ができ、さらに気仙沼の食や文化の豊かさ、素晴らしさを再認識することが出来ました。2,3年と気仙沼で過ごす中で、次第に気仙沼で地元の食材を活かしたイタリア料理店を開き、気仙沼の豊かさや素晴らしさを多くの方々に知ってもらいたいという思いが強くなり、出来ることならば食を通して気仙沼を元気付け、復興そして気仙沼地域の発展を後押ししたいという思いから、2018年より気仙沼内湾地区でイタリア料理店を営んできました。

応援してくれる人へのメッセージ

是非、イタリアと気仙沼の素晴らしい食材や文化の融合を味わい楽しむ為に、気仙沼へ来てください。地元でしか食べる事のできない新鮮な食材は、特に海の食材は、今まで持っていた食材に対する概念がひっくり返るような美味しいものにたくさん出会えます。
気仙沼に来て、気仙沼の食文化に触れれば気仙沼の虜・ファンになること間違いなしです。
イタリア×気仙沼でもっともっと、美味しい料理に出会い感動して豊かな暮らし・人生を楽しんで下さい!

※このプロジェクトはCORVOと気仙沼地域戦略との共同プロジェクトです。
いただいた寄付は気仙沼地域戦略を通じて、CORVOの活動に役立てられます。